電話で笑顔の男性

お互いを最優先に

愛しあった2人が結婚した当初は、とても仲良く夫婦関係も良好です。しかし、結婚生活が長くなったり、子供が生まれたりすることによって、夫婦関係が悪くなることは少なくありません。夫婦関係が悪い状態が続いてしまうと、最終的には離婚という結果になってしまいます。そうならないためには、なるべく早く関係を修復させることが大切です。

夫婦関係が悪くなる1つの理由が、「子供」です。結婚した時はラブラブな2人でも、子供ができてから父と母という関係になり、男と女の関係では無くなってしまうのです。いつまでも夫婦関係を良くするためには、父と母という関係だけではなく、男と女である必要があります。子供ができて夫婦関係が悪くなるのは、パートナーではなく、子供を最優先してしまうからです。子供を大切にすることはもちろん大切なことですが、最優先するのはお互いの関係です。夫婦がお互いを最優先することによって、家庭円満になり、子供にも良い影響を及ぼすのです。子供を最優先にしても、夫婦関係が悪ければ家庭も上手く行きません。温かい家庭は、子供の成長を伸ばしてくれます。

男性と女性では、子供に対する役割は異なります。母親は子供に愛情を捧げて、しつけや世話をする役割です。それに対し、父親は一緒に楽しいことをして、時には母親の代わりになってくれる存在です。父親が子供を甘やかして、母親が怒るということも多いですが、そのような場面に合った場合は注意が必要です。子供と父親が楽しく遊ぶことも、教育の1つなのです。毎日甘やかすのではなく、たまに甘やかすことによって、子供も喜ぶものです。否定ばかりが続く夫婦関係ではなく、お互いの役割を理解することによって、悪い夫婦関係も修復できます。

NEWS

カウンセラー

夫婦関係というのは、2人の問題ですが、1度な仲が悪くなると修復するのは難しいです。夫婦修復専門のカウンセラーに相談することによって、第3者の意見を聞くことができ、冷静に対処することができます。

more